忠犬ラッキー

実家で買っている犬のラッキーは、シェットランドシープドッグです。
いつも門の中で放し飼いだったので、人が来ると吠えながら突進して行くので、良い番犬です。

元々寒い所の犬なので、日本の暑い夏は苦手のようです。
夏、姿が見えないので探すと、大体家の裏か庭の物置の下など、日陰の涼しい所に避難しています。
可哀想なので、水を1日に何度も冷たいものに変えてやります。

母が庭の水道で仕事をしていれば、母の背中でエプロンの紐をほどいてしまうし、お散歩に行く時間になると大喜びではしゃぎまわる、可愛くて元気なラッキーです。
でも、庭に干しておいた私の靴をかじってダメにしてしまったりもするやんちゃ坊主でもあります。

結婚前は私がよくお散歩に連れていってやったので、ラッキーは私に随分懐いていました。
それが可愛くて、私も実家に行くのが楽しみです。
シェルティーは中型犬ですが、私の子供が小さい頃、ラッキーにまたがろうとしてもラッキーは怒りませんでした。
きっとこの子はまだ小さいから面倒を見て上げないといけないな、と思ったのでしょう。

犬は賢いので、そういうこともよく弁えていますね。
これからも元気でいて欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です