内弁慶な飼い主と愛犬

今日、愛犬と散歩していたらいつの間にか私達のすぐ後ろにドーベルマンを連れている人がいました。

もうその時点で私も恐いのだけど、内弁慶の愛犬もドーベルマンの異様な迫力にとても恐いと思ったのか、しっぽを下げて一目散に逃げようとしました。幸いなことに散歩も終わりかけだったのでダッシュでドーベルマンのいない方向に向かって2人(1人と1匹)で走り、グルッと遠回りして家に到着。家について門扉を閉めたらもう愛犬の勝ちで、外からドーベルマンがやって来ることはできないので愛犬は勝ち誇った顔をしてえらそうにしていました。まあドーベルマンは弱そうな愛犬など最初から無視していたので襲ってくることはないと思いますが。

早く水を入れろ!早くブラッシングしろ!など、何故か飼い主にだけはいつも命令口調でえらそうな愛犬。今日みたいに強くて恐そうなドーベルマンと遭遇すると借りてきた犬(猫)みたいになる癖に、本当に家の中では王様みたいな振る舞いです。飼い主に似たのか、外で弱いのは本当に情けないですね。愛犬を見て私も反省しないと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です